弊事務所でも、スルガ銀行関係の依頼をお受けしており、スルガ銀行との交渉をしておりますが、
交渉中の弁護士に対してさえ虚偽の事実を伝えたり、違法行為を行うなどのことをするなど極めて悪質で遺憾に思わざるを得ません。

このような中、スルガ銀行の公式HPで2021年3月1日、重要なお知らせとして、交渉の対応自体を本年8月末までに打ち切るとの告知がありました。

https://www.surugabank.co.jp/surugabank/kojin/topics/210301.html

これによると、シェアハウス関係の被害者の方は、集団での調停が必要であり、
それ以外の被害者であっても調停等が必要となります。

弊事務所でご依頼いただいている九州在住の被害者の方について、弊事務所の弁護士から東京の被害者の会に問い合わせをしてみました。
可能であれば東京の被害者の会に、九州の被害者の方も加えていただけないか、と尋ねてみましたが、
もうすでに満員状態であり、むしろ、福岡でも弁護士が中心となって福岡から調停を起こしてみたほうが良いとのご意見をいただきました。

そこで、弊事務所でも、スルガ銀行の被害を受けていらっしゃる方について、積極的に依頼をお受けして調停を起こす方針です。

基本的には、弁護士に調停のご依頼をしていただき、通常の調停手続きに乗せて元本カット、金利引き下げ等を請求してまいります。

また、弊事務所では、依頼者様がスルガ銀行から強制的に現金900万円程を奪われるという信じられない行為まで受けており、その点については別途訴訟も検討しております。このような被害者の方については同様に訴訟で対応したいと思います。

それぞれの被害者の方について個別のご事情がおありだと思いますので、訴訟費用や調停費用が異なる可能性はあります。
通常、弁護士費用は被害額の5%~8%を目安とすることが多いので、数千万円の被害だとすれば、数百万円の着手金となりますが、一律40万円程度の着手金で他の依頼者様とも情報交換を行いながら進めていけたらと思っております。

対象は、受任時に一度、福岡市にある弊事務所までお越しいただくことが可能な方です。

まずは、お気軽にお問い合わせください。

TEL 092-726-8429(平日9時ー18時)