パトライト刑事事件での弁護士費用について

弊事務所には,おかげさまで,「先生の人柄を見込んで,是非依頼したい」と言ってくださる方も多く,常時,私選の刑事弁護を数件抱えております。

着手金

福岡では,私選弁護の着手金の相場は,安くても30万円~50万円と言われております。

成功報酬

優秀な弁護士がつけば,実際に罪を犯したのに,揉み消せると考えている人もいますが,
そこまで,日本の捜査機関や裁判所は簡単にだませるようなものではありません。
どんなに優秀な弁護士がついたとしても,実際に罪を犯したのに,揉み消すことは不可能だとお考えください。

そうだとすると,一般的には,刑事事件における成功というのは,無罪にしてしまうことではなく,
少しでも減刑することだということになります。

福岡の他の弁護士に聞くところによると,執行猶予がつけば,いくらとか,罰金刑にすることができればいくら,というような形で成功報酬が決めているパターンが多いようです。中には不起訴の場合は50万円だとか,無罪の場合は100万円という成功報酬を規定する場合もあるようです。

弊事務所では,最初に事件の概要を伺い,その事件ならば,相場として懲役〇年くらいになると,経験に基づいて判断しております。もちろん,その判断は,御依頼者様に直接お伝えしております。
その相場よりも軽くなる場合は,成功報酬をお願いする場合があります。

電卓刑事事件専門とうたう事務所の中には,弁護士費用がトータルで200万円から500万円にもなるような場合もあるそうです。

日本の裁判所というのは,弁護士が下手だからやってもない罪をきせられてしまうとか,弁護士が上手だからやったことすらなかったことにできるほどに甘いところではありませんから、たとえ減刑に成功したとしても,刑事弁護の費用で500万円というのは大きすぎるのではないか,とも思われます。
そこで,他の事務所に比べると比較的低額な成功報酬に設定させて頂いております。

実費など

このほか,事件によっては実費や出廷日当,出張費などをお願いすることがあります。

費用のことに限らず,刑事事件の手続きの流れ,量刑の相場など,
また刑事事件に限らず,民事の事でもなんでもお気軽にお尋ねください。
以下のフォームから御連絡頂ければ,1~2営業日以内に御返事いたします。

お問い合わせはこちらから